高速道路交通管制技術ハンドブック

少し立ち読み

ISBN:978-4-485-66548-0
編:高速道路交通管制技術ハンドブック編集委員会
判型:B5
頁:178
発行日:2017/04
道路管理を支えるシステム

ベトナムのUTC(交通通信大学)の学生を対象に、道路管理とシステムについて講義した内容

¥2,484

新版

高速道路交通管制技術ハンドブック

その他のカテゴリー計測・制御

定価:¥1,944(本体 ¥1,800)

カゴに入れる
この商品の案内

交通管制システムの歴史的概観をはじめ、システムの機能概要および特徴から展望、効果的な構成や運用について解説。
2005年に発刊した「高速道路交通管制技術ハンドブック」をベースに、システムの考え方と基盤技術を中心に、IP化を始めとした新技術を含めて改めてまとめたものである。

この商品の目次

第1章 概論
はじめに
高速道路建設の経緯
高速道路の運用と提供情報
 運用
 提供情報
交通管制システムの概要

第2章 交通流理論
概要
交通流パラメータ
 交通量・交通密度・速度
 交通容量
 車頭間隔
 オキュパンシ
 所要時間・旅行時間
交通流モデル
 流体モデル
 追従モデル
 セルオートマトンモデル
交通流シミュレーション
 概要
 交通流シミュレーションモデル
 交通流シミュレータの事例

第3章 収集系
概要
車両感知器
 ループ式車両感知器
 超音波式車両感知器
 光学式車両感知器(近赤外線式車両感知器)
 画像センサ(イメージセンサ)
気象観測設備
 気象観測計
 視程計
 積雪計
 路側設置式路面凍結検知センサ
 地震計
CCTV設備
まとめ

第4章 処理系
概要
交通管制システムにおける処理系の位置付け
交通管制の特徴
 都市間交通管制の特徴
 都市内交通管制の特徴
処理系の機能
 処理系システムの処理内容
 災害時バックアップシステム
 交通管制機能の比較
まとめ

第5章 提供系
概要
道路情報板
可変式速度規制標識
ハイウェイラジオ
ハイウェイテレフォン
情報ターミナル
まとめ

第6章 通信ネットワーク
概要
 交通管制システムにおける通信ネットワークの役割
 通信ネットワーク系設備
技術の変遷
 従来伝送技術
 IP伝送技術
IPネットワークインフラ
 光IP装置
 IP変換装置
まとめ

第7章 交通管制関連システム
概要
AVIシステム(車両番号読取装置)
渋滞末尾表示システム
 首都高速道路での運用例
 名古屋高速道路での運用例
休憩施設混雑情報システム
 駐車状況の計測方式
 駐車情報の提供
突発事象検出システム
 突発事象検出システム
 トンネル内異常事象検出システム
非常電話システム

第8章 ITS
概要
ITSとは
ETC
 概要
 システム概要
 ETCの応用
ETC2.0
 概要
 システム概要
テレマティクス
 テレマティクスの概要
 自動車会社のテレマティクス概要
 テレマティクスの動向
まとめ

第9章 交通管制の運用・管理
概要
運用・管理の目的
交通管制システムの運用
交通管制システムの管理
まとめ

第10章 トンネル防災システム
概要
システム構成
トンネル非常用施設の設置基準
 非常用施設の機器設置間隔
 非常用施設の種類
 都市内長大トンネルにおける非常用施設の種類
トンネル防災システムの運用
 トンネル火災時の運用
 都市内長大トンネルの防災安全対策
まとめ

第11章 交通管制技術の歴史
概要
交通管制システムの歴史
 交通管制技術
 情報収集技術
 情報処理技術
 情報提供技術
ITSの歴史
交通管制システム・ITS年表

編集後記

[コラム]
一般道路における交通流パラメータの考え方
交通信号制御(traffic signal control)
通信ネットワーク系設備における既存設備のデータ伝送方式とその事例
RFIDを使ったAVIシステム
情報提供設備の成り立ち