よくわかる電気回路

ISBN:978-4-485-30073-2
著:津吉彰
判型:A5
頁:194
発行日:2017/01
ドリルと演習シリーズ 電気回路

多くの計算問題を解いて、その解法に慣れることが、上達の近道です

¥1,620
マンガde電気回路

マンガ仕立てで電気回路の基礎の基礎から学べます

¥2,160
基礎電気回路ノートⅠ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
基礎電気回路ノートⅡ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
基礎電気回路ノートⅢ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
電気回路AtoZ

前半は公式だけでなく実際の装置や電気計測の実例から学習でき、後半は数学的なアプローチで電気現象を学習できます

¥2,700

よくわかる電気回路

その他のカテゴリー理論・回路

定価:¥2,916(本体 ¥2,700)

カゴに入れる
この商品の案内

本書は大学や高等専門学校の電気電子工学系学科で電気回路を学ぶ方の講義用教科書です。
問題の解法を理解できるように構成されています。

この商品の目次

第1章 直流回路の基礎
この章で使う基礎事項
 オームの法則
 合成抵抗
 電力
電圧源と電流源
キルヒホッフの法則
分流と分圧
電力の計算
章末問題1

第2章 交流回路の基礎とフェーザ法
この章で使う基礎事項
 三角関数のグラフ
 複素数の計算公式
 交流回路で対象とする素子の種類
交流電圧、電流の表現(フェーザ法)
回路のインピーダンス、アドミタンスの計算
フェーザを利用した交流回路計算の基本
フェーザを利用した交流回路計算の応用
交流電力の計算
ベクトル軌跡
章末問題2

第3章 回路の定理
この章で使う基礎事項
 電源の種類
 インピーダンス、アドミタンスの合成
テブナンの定理
ノートンの定理
重ね合わせの理
相反定理
補償定理
テレゲンの定理
章末問題3

第4章 交流回路の計算
この章で使う基礎事項
 回路の定理
 インピーダンス、アドミタンスの計算
 相互誘導回路
異なる周波数の交流電源を有する回路
交流電流電圧波形と大きさの表現
高調波を含む交流
相互誘導回路
交流ブリッジ
章末問題4

第5章 回路方程式
この章で使う基礎事項
 キルヒホッフの電圧則と電流則
 行列の計算
グラフ理論の概要
網路方程式
節点方程式
閉路方程式
カットセット方程式
章末問題5

第6章 過渡解析
この章で使う基礎事項
 微分方程式の解法
回路の電圧と電流の関係
回路の応答
より複雑な回路の過渡解析
磁束保存則、電荷保存則による初期値の導出
章末問題6

第7章 ラプラス変換を利用した回路解析
この章で使う基礎事項
 ラプラス変換
 部分分数分解
 部分分数分解(ヘビサイド(Heaviside)の展開定理による)
 回路解析で使用するラプラス変換の主な公式
ラプラス変換を利用した回路解析(その1)
ラプラス変換を利用した回路解析(その2)
種々の波形に対する応答
章末問題7

第8章 回路網
この章で使う基礎事項
 ラプラス変換の基礎公式
 回路の直並列計算、分流、分圧の計算方法
回路網の定義と活用
4端子回路
回路網関数
分布定数回路
章末問題8

第9章 状態方程式
この章で使う基礎事項
 定数変化法を用いた微分方程式の解法
 指数関数の定義から行列指数関数への拡張
 ケーリー・ハミルトンの定理
1次回路網の状態方程式
2次以上の回路網の状態方程式
遷移行列e Atの計算方法
状態変数の決定
章末問題9

第10章 多相回路
この章で使う基礎事項
 DY変換とYD変換
 位相差
三相交流の基礎
三相交流回路の結線方式
三相交流回路の電力
三相交流回路のベクトル表示
非対称三相回路
三相以上の多相回路
章末問題10

章末問題解答

引用・参考文献

索引