電力システム

ISBN:978-4-485-66544-2
著:新田目倖造
判型:A5
頁:242
発行日:2015/03
基礎からわかるエネルギー入門

エネルギーの基礎から最近の現実問題までできるだけわかりやすく解説

¥2,376
電力系統技術計算の基礎

系統技術計算の基礎事項を、電気工学の初歩からやさしく、詳しく解説

¥7,020
電力系統技術計算の応用

実際に行われている電力系統技術計算の進め方について詳細に解説

¥7,020
よくわかる発変電工学

「電気をつくるのに適したエネルギー源は何か?」「他のエネルギー を電気エネルギーに変換する過程は?」などの疑問に対して理解が深まります

¥3,024
よくわかる送配電工学

基本的に原理をわかりやすく記述することに重点をおいています

¥3,024
電力ケーブル技術ハンドブック

ケーブル本体から布設、運転と保全、故障対策など実用技術を網羅し解説

¥14,040

電力システム

-基礎と改革-

その他のカテゴリー発変電・送配電

定価:¥2,376(本体 ¥2,200)

カゴに入れる
  • kobo版で買う
  • Kindle版で買う
この商品の案内

電力システムの基本的な特性とこれまでの成長過程を、出来るだけ専門的な予備知識なしに理解できるように、また、実系統の定量的なイメージが把握できるように解説しています。
第Ⅰ部では、電力システムの基本特性として、電力技術の基礎、電力系統の安定度特性、周波数特性、電圧特性、連系特性について、極力簡単な数式で直感的なイメージが把握できるよう配慮しています。
第Ⅱ部では、電力システムの仕組みについて、電力システムの構成、電力供給力の算定方法、電力需要と発電設備、電力流通システムの推移について解説しています。
第Ⅲ部では、近年の電力システムの自由化について、欧米の実績と問題点、日本の自由化の進展と今後の課題についてまとめています。

この商品の目次

もくじ

第I編 電力システムの基本特性

第1章 電力回路の基礎
要旨
電圧と電流
直流と交流
 直流
 交流
 交流電圧,電流の実効値
抵抗の電流
リアクトルとコンデンサの電流
 リアクトルの電流
 コンデンサの電流
 無効電力の符号
電力と無効電力
三相交流送電方式
単位法表示
 電圧
 電力,無効電力
 電流
 抵抗,リアクタンス
付録1 三角関数の基礎

第2章 電力系統の安定度特性
要旨
同期発電機の構成
一機無限大系統の安定度
 電力と相差角
 安定限界
 安定度モデル
 安定限界送電容量
多機系統の安定度
 同期運転
 同期外れ(脱調)の防止
付録2 同期発電機の原理
 電流による磁束の発生
 磁束の変化による電圧の発生
 同期発電機の誘起電圧
 三相同期発電機の原理
 同期発電機の回転数
 一機無限大系統の安定限界
 一機無限大系統の安定度モデル

第3章 電力系統の周波数特性
要旨
周波数制御の目標
 周波数変動による影響
 周波数制御の目標値
電力系統の周波数特性
 負荷の周波数特性
 発電機の周波数特性
 電力系統の周波数特性
常時の周波数制御
 電力系統の負荷変動
 周波数制御分担
 連系系統の負荷周波数制御
緊急時の周波数制御
 緊急時の系統周波数特性
 緊急時の周波数制御
付録3 系統容量と負荷変動率

第4章 電力系統の電圧特性
要旨
電圧制御の目標
 系統電圧変化の要因と影響
 電圧制御の目標と調整方法
送電線の電圧特性
 送電線の電圧降下
 送電線の電圧特性
電圧安定性
 電圧安定限界
 電圧安定化対策
無効電力バランス
付録4・1 送電線の電圧降下
付録4・2 電圧安定性
 受電電力と受電端電圧
 電圧安定限界
 電圧安定性と電圧電流ベクトル

第5章 電力系統の連系特性
要旨
系統連系の得失
 系統連系のメリット
 系統連系の問題点
系統連系方法
 交流連系
 直流連系
内外の系統連系
 日本の系統連系
 アメリカ,カナダの系統連系
 ヨーロッパの連系系統
付録5・1 直流送電の基礎
 直流送電系統の構成
 直流送電の基本特性
付録5・2 世界の代表的な直流送電

第II編 電力システムのしくみと変遷

第6章 電力システムの構成
要旨
電力システムの構成
電力システムの特徴
電気の供給体制
電気事業の特質
電気の供給体制
電力量の流れ
付録6 電気事業関連用語

第7章 電力供給計画の算定方法
要旨
電力供給計画の算定方法
 電力供給計画の目的
 長期供給計画の算定方法
主要電源の供給力
 水力の供給力
 火力の供給力
 原子力の供給力
太陽光発電の供給力
 太陽光発電の発電能力
 太陽光発電の発電電力量
 太陽光発電の供給力のまとめ
風力発電の供給力
 風力発電の発電能力
 風力発電の発電電力量
 風力発電の供給力のまとめ

第8章 電力需要と発電設備
要旨
最大電力と日負荷曲線
 最大電力の推移
 日負荷曲線と供給力の分担
発電設備の推移
 原動力別発電設備
 電気事業者別発電設備
 最大電力と発電設備の推移
発電電力量の推移
発電設備の特性
 発電機ユニット容量の推移
 負荷率と発電設備の利用率
 二酸化炭素(CO2)排出量
 発電効率

第9章 電力流通システム
要旨
電力系統の計画と運用
 電力系統の計画の考え方
 電力系統の運用の考え方
電線の電流容量
 電線の経済的断面積(ケルビンの法則)
 電線の断面積と電流容量
送電線の送電容量
 送電容量の決定要因
 送電線の公称電圧の選定
 電線の電流容量の選定
 送電線の送電容量例
配電モデル系統の最適構成
電力流通設備の推移
 送電電圧の推移
 変電所出力の推移
 送配電線延長の推移
 電力供給系統の最適構成
付録9・1 電線の断面積と電流容量
付録9・2 配電モデル系統の最適規模
 電力輸送量
 年経費
 配電用変電所の最適規模
 配電系統の最適構成

第III編 電力システム改革と課題

第10章 欧米の電力システム自由化
要旨
電力システムの規制緩和の動向
 アメリカの動向
 欧州の動向
アメリカの電力自由化
 アメリカの電気事業
 電力自由化の経緯
 電力自由化と供給信頼度
イギリスの電力自由化
 イギリスの電気事業
 イギリスの電力自由化
フランスの電力自由化
 フランスの電気事業
 フランスの電力自由化
ドイツの電力自由化
 ドイツの電気事業
 ドイツの電力自由化

第11章 電力システム改革と課題
要旨
日本の電気事業の変遷
 電気事業の創成と成長
 電気事業の国家管理
 9電力会社による発送電一貫体制
 電力自由化
 送配電線の開放
 主要国の電気事業体制の変遷
電力システム改革計画
 電力システム改革の背景と目的
 改革の目的
 改革の柱
電気事業の規制と自由化
 従来の電気事業規制
 電気事業の自由化
 欧米の電力自由化の問題点
 今後の電力自由化の課題

あとがき

参考文献

さくいん