機械材料学入門

ISBN:978-4-485-30070-1
著:辻野良二/池田清彦
判型:A5
頁:306
発行日:2014/04
ドリルと演習シリーズ 水力学

力学法則を応用し、流体力学や流体機械への橋渡しができるようになっています

¥1,944
よくわかる機械工学4力学の演習

四力の基礎から応用までの幅広い内容を一冊にまとめた参考書・問題集

¥4,752
演習 工業熱力学

各小項目の節においてはまず例題を示し、それを通じて基本的な説明しています

¥2,592
演習 流体工学

流体工学に関する演習問題を多く解きながら理解していく

¥2,592
知っておきたい 機械系技術用語

国家試験に出題される可能性の高い技術用語を中心に解説

¥4,104
統計処理による品質管理と信頼性の基礎

生産工学に携わる技術者およびこれから携わる工学部の学生、これらに関心のある方々に統計処理と生産工学の基礎的な事柄を提供

¥3,024

機械材料学入門

その他のカテゴリー機械工学一般

定価:¥3,456(本体 ¥3,200)

カゴに入れる
この商品の案内

金属材料やセラミックス、プラスチックス、複合材料、新素材の性質・用途を取り上げ、その材料特有の機能がなぜ現れるのか、成り立ちはどのようになっているのかを自然に覚えられるように工夫した入門書。

この商品の目次

まえがき
                              
序章
                                   
Ⅰ章 材料の性質と用途                            
鉄と鋼①—鉄から鋼へ—  
鉄と鋼②   
非鉄金属材料①(アルミニウム)   
非鉄金属材料②(銅、マグネシウム、チタン)   
セラミックス  
プラスチックス                
複合材料            
新素材①(超塑性材料、形状記憶合金)
新素材②(水素吸蔵合金、ナノ材料、酸化チタン光触媒)               
材料試験 
 
Ⅱ章 金属材料を溶かす・固める
平衡状態図①—平衡状態図を理解するための基礎知識—  
平衡状態図②—全率固溶型—   
平衡状態図③—共晶型—  
平衡状態図④—包晶型— 

Ⅲ章 金属材料の強度を決める                     
結晶構造、ミラー指数
すべり   
臨界せん断応力   
拡散   
回復、再結晶   
時効、析出   
熱処理①(相変態)   
熱処理②(連続冷却、特殊・加工熱処理)  
強度の素因子

Ⅳ章 金属材料の破壊〜強度以上の負荷をかける〜
延性破壊と脆性破壊   
クリープ破壊   
疲労破壊   
低温脆性破壊   
環境破壊   
 
終章

参考文献

索引