電力ケーブル技術ハンドブック

ISBN:978-4-485-71603-8
監修:飯塚喜八郎
判型:A5
頁:862
発行日:1994/05
TLT-5 架線工事施工技術解説書

送電線架線工事に携わる人達の教科書的存在として新人からベテランまに至まで広く活用

¥7,236
TLS-1 架空送電線路調査測量技術解説書

対象者を電力・工事会社・測量会社の特に若手技術者におき、技術継承に力点を置いた記述内容

¥4,320
電力系統技術計算の基礎

系統技術計算の基礎事項を、電気工学の初歩からやさしく、詳しく解説

¥7,020
電力系統技術計算の応用

実際に行われている電力系統技術計算の進め方について詳細に解説

¥7,020
電力システム

電力システムの基本的な特性とこれまでの成長過程を、出来るだけ専門的な予備知識なしに理解できるように解説

¥2,376
電気主任技術者 受変電マニュアル

受変電設備の概要・主要機器・保護・安全対策などについて多くの図や写真を用い広く・わかりやすく解説

¥3,456

新版

電力ケーブル技術ハンドブック

その他のカテゴリー発変電・送配電

定価:¥14,040(本体 ¥13,000)

カゴに入れる
この商品の案内

ケーブル本体から布設、運転と保全、故障対策など実用技術を網羅し解説しています。

この商品の目次

1 緒言

2 ケーブル系統
送電系統
 地中送電線の適用
 大都市供給系統の構成
 都市部配電用変電所供給方式
 大都市部系統以外での適用
配電系統
 電気方式
 地中配電線の適用
 地中配電系統構成上の基本事項
 22(33) kV地中配電系統
 6.6kV配電系統
 低圧地中配電系統
 地中配電用機器
布設方式
 布設方法
 布設方式の選定
ケーブル線路と技術水準
 概要
 保護継電方式
 ケーブル系統保護の特異点
 ケーブル系統の保護方式
 配電線の保護方式

3 ケーブルの構造とその特性
ケーブルの構造とその選定
 電力ケーブルの分類
 紙絶縁ケーブル
 ゴム・プラスチック電力ケーブル
 最近のケーブル
 ケーブル選定の考え方
 ケーブルの電気定数
ケーブル構成材料
 導体材料と構造
 絶縁材料
 しゃへい材料
 金属シース
 保護層材料
 スキッドワイヤおよび防食綱管
紙絶縁ケーブルの特性とその設計
 OFケーブルの電気的特性
 OFケーブルの機械的特性
 POFケーブルの特性
 OFケーブルおよびPOFケーブルの設計
 半合成紙ケーブル
ゴム・プラスチック絶縁ケーブルの特性とその設計
 電気的特性
 機械的特性
 しゃへい層の構造と設計
 シース防食層の特性
 ケーブルの試験と規格
 架空配電用電線およびケーブル
直流ケーブルの特性とその設計
 直流ケーブルの種類と使用実績
 直流電圧に対する絶縁設計
 極性反転および異常電圧に対する特性
 熱破壊条件
 直流ケーブル用接続部の絶縁設計
 直流ケーブル試験法
管路気中送電線(ガス絶縁ケーブル)
 管路気中送電線の特長
 SF6ガスとスペーサの絶縁特性
 機械的特性と熱伸縮システム
 シースボンドと接地方式
 許容電流とケーブル寸法
 線路の構成
 工場組立と出荷試験
 工事方式
 保守
極低温,超電導ケーブル
 導電材料の低温領域での特性
 極低温での絶縁材料
 熱絶縁と冷却システム
 極低温,超電導ケーブルの設計例
 直接接続部および終端接続部
 超低温,超電導ケーブルの経済性
内部冷却ケーブル

4 ケーブルの製造
導体
 円形導体
 圧縮成形導体
 特殊な導体
絶縁
 紙絶縁
 ゴム・プラスチック絶縁
金属しゃへい,シース,鎧装
 金属しゃへい
 金属シース
 防食層
 鉄線,鋼帯鎧装

5 管路
管路
 管材および管材の選定
 管内径の選定
 管路こう長
 管路の構成および構造
 推進工法
 小口径推進工法
 水底管路
洞道
 開削洞道
 シールド洞道
 NATM洞道
 その他特殊工法
 洞道付帯設備
パイプ形ケーブル用パイプの布設
 直埋布設
 気中布設
マンホール
 マンホールの形
 管路口
 マンホールの内法寸法
橋梁式
 橋梁添架式
 専用橋
地中電線路土木工事施工一般
 準備手続き
 保安設備
 舗装こわし
 土留工
 路面覆工
 掘削工
 基礎工
 配管工
 埋戻し工
 道路復旧
 既埋設物の防護復旧

6 ケーブル布設
ケーブル引入れ
 ケーブル引入れ準備
 ケーブル引入れ作業
 ケーブル引抜き
 引入れ計算と許容限
架空ケーブル布設
 支持物
 メッセンジャワイヤの選定
 ラッシングワイヤの選定
 装柱
 布設工法
 布設例
水底ケーブルの布設
 水底ケーブルの計画
 布設ルートの調査および選定
 水底ケーブルの構造および設計
 布設工法および布設船
 水底ケーブルの外傷とその防止対策
 水底ケーブルの保守
工場・発電所などにおけるケーブル布設
 立坑(斜杭)ケーブルの引留方法
 立杭(斜杭)での布設工法
 ラダー上敷設ケーブル

7 接続
概要
 接続の目的
 接続部の種類
 接続部が具備しなければならない性能
導体接続方式
 導体接続法の種類と特長
 はんば付スリーブ
 圧縮形スリーブ
 外くさび形スリーブ
 プラグイン形スリーブ
 溶接法
絶縁設計
 絶縁設計上注意しなければならない点
 普通および絶縁接続部
 油止接続部
 気中終端接続部
 耐汚損終端接続部
 油中終端接続部
 SF6ガス中終端接続部
終端接続部のがい管の設計
 一般設計事項
 気中終端接続部用がい管
 耐汚損終端接続部用がい管
 油中終端接続部用がい管
 SF6ガス中終端接続部用がい管
 現用がい管の概要
中間接続部の外箱
 設計上注意しなければならない点
 外箱の構造
 外箱絶縁部の設計
熱問題
 一般的な考え方
 熱問題とその対策
各種部品
 引出棒端子
 接地端子
 コネクタ
 支持がいし
材料とその特性
 導体接続スリーブ
 はんだ類
 絶縁材料ならびに半導電材料
 外箱材料
 防食材料
接続工法
 事前準備
 OFケーブルの接続工法
 CVケーブルの接続工法
 接続作業時間

8 防食
概要
 防食の概念
 防食方式と設計の概念
防食環境の調査と測定
 調査項目
 電気的測定
 化学的測定
防食層の種類とその特性
電気防食の種類とその選定
 流電陽極方式
 外部電源方式
 排流法
パイプ型ケーブルの電気防食設計と保守
 設計上の留意点
 防食電流設計
 外部電源装置設計
 排流器設計
 電気防食の保守
 電気防食に関する委員会

9 送電容量
許容電流
 常時許容電流計算式
 短時間許容電流計算式
 短絡時許容電流計算式
 諸定数
 詳細な許容電流計算式
大容量化技術
 発生損失の低減
 発生熱の除去
冷却方式
 冷却の基本式
 洞道風冷方式
 洞道内間接水冷方式
 管路水冷方式
 POFケーブルの油循環冷却方式
 内部冷却方式
 冷却装置を構成する機器

10 給油・給ガス設備
OFケーブル給油設備
 給油設計の概要
 給油設備
 給油方式の特徴と適用基準
 給油計算の基礎事項
 給油計算方法
 油槽防災
POFケーブルの給油循環設備および異常油圧
 給油循環設備の概要
 給油計算の基礎定数
 事故時の異常油圧とその対策
 ポンピングプラントの構造と働き
 油循環装置の構造と働き
 油循環装置の設計
 ポンピングプラントおよび油循環装置の保守
給ガス設備
 手動給ガス装置
 自動給ガス装置

11 耐雷設計
概要
雷現象と雷過電圧の発生
 雷放電
 塔脚接地抵抗
 逆フラッシュオーバー
サージ伝搬と電位上昇
 ケーブル内のサージ伝搬現象
 架空線に接続されたケーブル内電位上昇
 EMTPによるサージ現象の解析
防護対策
 一般対策
設計の手順
 具体的設計例
内部異常電圧
 開閉サージ
 商用周波数異常電圧

12 単心ケーブルのシース電位およびシース損とその対策
概要
常時のシース電位
 シース誘起電位計算式
 シース電位低減方策
異常時のシース電位
 異常時現象
 SF6ガス中終端部におけるサージ電位計算法
 絶縁接続部におけるサージ電位計算式
 防食層と絶縁接続部の保護対策
 直流充電電圧放電時の異常現象
シース損失
 シース回路損失計算式
 シース回路損失低減対策
 シースうず電流損失計算式
 シースうず電流損失計算例
 シースうず電流損失低減対策
ケーブル近傍金物・鉄筋の損失
 金物・鉄筋の損失計算式および計算例
 金物・鉄筋の損失低減対策

13 ケーブルの熱伸縮とその対策
概要
ケーブルの機械的特性
 金属シース材の特性
 機械的定数
熱伸縮の計算
 水平地布設の場合
 傾斜地布設の場合
オフセット設計
 直線オフセット
 曲がりオフセット
 CVケーブルのオフセット
スネーク布設
ノンオフセット方式
 ノンオフセット方式
 セミノンオフセット方式
傾斜地におけるずれ落ち防止対策
 拘束力増加方式(クランプ方式)
 上端固定方式
 ストッパ方式
 テンションメンバー方式
 スプリング方式
橋梁添架の伸縮現象
 橋上に布設されたケーブルの伸縮
 橋梁の伸縮吸収対策
POFケーブルの伸縮対策
 POFケーブルの熱伸縮現象
 波乗り現象とその対策
 POFケーブルの伸縮継手

14 振動とその対策
まえがき
ケーブルに生じる振動の概要
 振動が問題になる箇所
 金属シースの振動ひずみと疲労
振動防止対策
 防振材による振動防止
 クリートその他の構造を利用した振動防止
シースひずみのゲージ法
 抵抗線ひずみゲージ法
 振動計法

15 誘導とその対策
概要
 誘導の種類
 地中電力線による誘導
 電磁誘導の基本式
 相互インダクタンス
 各種のしゃへい効果
常時誘導
 常時誘導の種類
 常時誘導における起誘導電流
 常時誘導縦電圧の予測計算法
 常時誘導雑音電圧の予測計算法
 制限値とその対策
事故時誘導
 起誘導電流
 危険電圧の予測計算法
 制限値とその対策
 その他

16 試験および故障探知
試験
 工場試験
 竣工試験
絶縁調査
 絶縁測定
 絶縁油調査
故障点標定
 漏油・漏ガス探知
 事故点測定

17 設備管理
保守一般
 巡視
 点検入手
 操作
 防護立会
 試験・調査
 埋設物探査
 補修
設備資料の管理
設備事故
 設備事故の分類
 地中線事故の特徴
 事故の状態
 事故の発生要因
 事故原因
 事故処理手順
 初期処理
 復旧
 原因調査
 特殊な事故例
ガスおよび酵素欠乏災害
 マンホール内に滞留しやすい各種ガスの性質
 ガス災害の性質
 ガスおよび酵素欠乏検出
設備防災
 洞道内ケーブルの防災
 油槽防災
防護
 設備の点検
 防護用材料
 防護法
 吊り防護の計算例
 防護設計資料
地中線設備保守の機械化

参考文献

索引