よくわかる発変電工学

ISBN:978-4-485-66538-1
著:箕田充志/橋口清人/松原孝史/門脇健/高田英治/田辺茂
判型:A5
頁:240
発行日:2012/12
TLT-5 架線工事施工技術解説書

送電線架線工事に携わる人達の教科書的存在として新人からベテランまに至まで広く活用

¥7,236
TLS-1 架空送電線路調査測量技術解説書

対象者を電力・工事会社・測量会社の特に若手技術者におき、技術継承に力点を置いた記述内容

¥4,320
電力ケーブル技術ハンドブック

ケーブル本体から布設、運転と保全、故障対策など実用技術を網羅し解説

¥14,040
電力系統技術計算の基礎

系統技術計算の基礎事項を、電気工学の初歩からやさしく、詳しく解説

¥7,020
電力系統技術計算の応用

実際に行われている電力系統技術計算の進め方について詳細に解説

¥7,020
電力システム

電力システムの基本的な特性とこれまでの成長過程を、出来るだけ専門的な予備知識なしに理解できるように解説

¥2,376

よくわかる発変電工学

その他のカテゴリー発変電・送配電

定価:¥3,024(本体 ¥2,800)

カゴに入れる
この商品の案内

人々は電気エネルギーを好んで利用します。
この理由として、電気エネルギーは他のエネルギーと比較し、人々にとって 利用しやすい特長を持っていることがあげられます。
我々が利用しやすい電気は、どうやってつくられているのでしょうか。
多種多様なエネルギー源から電気をつくることができますが、ここには安定性と経済性という二つの側面が制約条件としてつきまといます。
「電気をつくるのに適したエネルギー源は何か?」、「他のエネルギー を電気エネルギーに変換する過程は?」など、本書で学んでいくうちに理解が深まっていきます。

この商品の目次

第1章 エネルギー概論
エネルギー資源とエネルギー変換
 1次変換エネルギーと2次変換エネルギー
 主なエネルギーの種類と実用エネルギー形態
 1次資源エネルギーの行方
電力発生とエネルギー資源
 水力発電
 火力発電
 原子力発電
 新エネルギー発電
日本と世界のエネルギー事情
 日本のエネルギー事情
 世界のエネルギー資源産出国
 世界の人口とエネルギー消費
 エネルギー資源の可採年数
我が国のエネルギー政策
 エネルギー政策の主な項目
 日本の電源構成
エネルギー消費による環境への影響
章末問題1

第2章 水力発電
水力学
 理論出力
 ベルヌーイの定理
流量
 包蔵水力と流出係数
 流況曲線
発電方式
 構造上の分類
 運用上の分類
水力設備
 ダム
 可動ダム
 排砂門
 沈砂池
 導水路
 ヘッドタンクとサージタンク
 水圧管
 制水弁
水車
 水車の種類
 水車の構成
 水車の特性
 キャビテーション
 調速機
 水車の速度変動率と速度調定率
揚水発電
水力発電の運用計算
 揚水発電の総合効率計算
 水車の落差変化と流量,出力計算
 水車の比速度と水車の定格回転速度計算
 調整池の運用計算
章末問題2

第3章 火力発電の基礎
熱力学の単位
 温度
 熱量
 比熱
 力
 圧力
 仕事
 仕事率
熱力学
 熱と温度
 熱力学の第零法則
 内部エネルギー
 熱力学の第一法則
 気体のなす仕事
 熱力学の第二法則
エンタルピーとエントロピー
 エンタルピー
 定常流動系のエネルギー式
 エントロピー
気体の状態変化
 理想気体
 気体の状態方程式
 等温変化
 等圧変化
 断熱変化
水蒸気の特性
 等圧下における水の蒸発
 水の状態曲面
 蒸気のp‒v線図とT‒s線図
 実在気体
熱サイクル
カルノーサイクル
 カルノーサイクルの熱効率
 エクセルギー
ランキンサイクル
再熱・再生サイクル
 再熱サイクル
 再生サイクル
 再熱再生サイクル
章末問題3

第4章 火力発電設備
ボイラ
 ボイラの構造
 ボイラの種類
 バーナ
 燃料
 ボイラの性能
 燃焼の基礎
 伝熱の基本3形態
蒸気タービン
 蒸気タービンの分類
 蒸気タービンの種類
 蒸気タービンの作動原理
 蒸気タービンの効率
復水器
環境対策設備
 火力発電の環境対策
 集じん装置
 排煙装置
 地球温暖化ガス
ディーゼル発電
 ディーゼル機関
 ディーゼル発電所の構成
 ディーゼル発電所の特徴
ガスタービン発電
 ガスタービン
 ガスタービンサイクル
 ガスタービンの特徴
コンバインドサイクル発電
章末問題4

第5章 原子力発電
放射線とは
 原子核・原子の構成
 放射線の種類
放射線と物質の相互作用
 荷電粒子の物質との相互作用
 c線・X線と物質の相互作用
 中性子と物質の相互作用
放射線に関連する単位
 放射能の単位
 放射線による物理的な影響を表すための単位
 放射線による健康影響を表すための単位
放射線の健康影響
 日常生活と放射線
 確定的影響と確率的影響
 低線量被曝の人体影響について
原子力発電の原理
 結合エネルギーと質量欠損
 核分裂反応
 減速と臨界
 核燃料と制御棒
原子力プラントの種類
 沸騰水型原子炉
 加圧水型軽水炉
 その他の原子炉
原子力発電所の安全システム
 固有の安全性(自己制御性)
 5重の壁
 非常時の冷却系
原子炉の事故
 過去の大事故
 福島第一原子力発電所における事故
核燃料サイクル
 核燃料サイクルとは
 濃縮工程
 再処理工程
 放射性廃棄物処分
章末問題5

第6章 新エネルギーなどによる発電
太陽光発電および太陽熱発電
 太陽エネルギー
 太陽電池の原理
 太陽電池の種類
 太陽光発電システムの構成
 太陽熱発電の原理と構成
風力発電
 歴史と導入状況
 風力エネルギー
 風車の種類
 発電機の種類
 風力発電の展望
燃料電池
 発電原理
 燃料電池の種類と特徴
 システム構成
 導入状況と今後の展望
地熱,バイオマス,海洋,MHD発電
 地熱発電
 バイオマス発電
 海洋発電
 MHD発電
章末問題6

第7章 変電システムの構成
電力系統
変電システム
構成機器
 母線
 変圧器
 送電方式
 ブッシング
 避雷器
 断路器
 遮断器
 開閉器
 調相設備
配電系統
章末問題7

章末問題解答

引用・参考文献

索引