ネイティブの心をつかむ 英文マニュアル作成メソッド

少し立ち読み

ISBN:978-4-485-66528-2
著:上田秀樹
判型:A5
頁:190
発行日:2006/11
技術と倫理

信頼される技術者として備えるべき倫理観について、現場技術者と技術者を目指す若き学生諸君に贈る1冊

¥2,160
イラストでみる はるか昔の鉄を追って

「鉄を取り巻く文化」について興味を持っていただけるよう記述

¥2,592
フィールドロジー

モノの考え方とプロセスをこの本で学べます

¥4,104
社会システムと倫理

いまなぜ技術者倫理の重要性が叫ばれているのであろうか?

¥2,376
心のふるさと・川

多くの資料と現地の歴訪をもとにそこに暮らす人々の河川との関わりを紹介

¥3,780
経済を支配する2つの法則

「アダムスミスの経済」と[バランスシート不況の経済」の2つの法則を著者自身が日本経済の動向と照らし合わせ、斬新かつユーモアに解いた1冊

¥2,571

ネイティブの心をつかむ 英文マニュアル作成メソッド

その他のカテゴリー科学一般

定価:¥2,592(本体 ¥2,400)

カゴに入れる
  • kobo版で買う
  • Kindle版で買う
この商品の案内

本書は、海外のユーザーから高い評価を受ける英文ユーザーマニュアルを作成するうえでおさえておくべき、目次構成、ページデザイン、文章スタイル、タイポグラフィなどについての、あらゆる重要なポイントを溶解しています。
これらのポイントはいずれも、海外のユーザーにとっての「わかりやすさ」「よみやすさ」「使いやすさ」を追い求めるうえで重要であり、それらの多くは認知心理学における理論を根拠としています。
本書で紹介している内容の大半は、今日まで日本では公の場で指導されてこなかったものであり、英文マニュアルの制作工程に携わっている全ての皆さんに強い関心を抱いていただける内容です。

この商品の目次

序章 ユーザーについて知る
ユーザーについて知るべきわけは?
ユーザーについて知るべき項目は?
ユーザーについて知る為の方法は?
潜在的なユーザーをインタビューする
潜在的ユーザーの,タスクのやり方を観察する

第1章 ページ構成をわかりやすくするポイント
ユーザーのタスクごとに節(または小節)を設ける
パラレリズムを図る
見出しを浮かび上がらせる
ホワイトスペースを効果的に用いる
見出し,説明文,イラストなどを効果的に配置する

第2章 操作手順をわかりやすくするポイント
操作手順は,必ずステップの形で紹介する
1つのステップで1つの操作だけを紹介する
文字とイラストをうまく配合する

第3章 文字を読みやすくするポイント
タイポグラフィの4つの基本をおさえる
タイポグラフィの,いろいろな誤った使用を避ける

第4章 情報を検索しやすくするポイント
見出しを工夫する
目次を工夫する
索引を工夫する

第5章 製造物責任(PL)に適切に対処するポイント
ANSI(米国規格協会)の基準に従う
タイポグラフィに注意する

第6章 文章をわかりやすくするポイント
主語を文頭近くに用いる
動きは動詞で表し,かつ,動きの主体を主語にする
受動態よりも能動態を用いる
否定文よりも肯定文を用いる
場合によっては,複数の文を一文にまとめる
主要な情報は,従属節ではなく主節で説明する
It is で始まる構文は用いない
weak verb よりも strong verb を用いる
抽象的な名称よりも具体的な名称を用いる
難しい単語よりもやさしい単語を用いる
1つの文章で2つ以上の情報を説明しない
不必要な単語は省く
一語で表せるものは語群で表さない
修飾する語(修飾語)は修飾される語の近くに置く
( )の使用は必要最小限にする

第7章 守りたい,文章スタイルの基本ルール
一般的な名前は,各単語の頭文字を大文字にしない
見出しは,各単語の頭文字だけを大文字にする
ソフトウェアの名前の前には,定冠詞を付けない
名前の略語は,スペルアウトした語の後ろに置く
アイコンや記号で文章を始めない
10未満の数はスペルアウトする
後ろの名詞を修飾する,数値と単位等との組み合わせは,ハイフォン(-)で結ぶ
性別を意識させる用語・表現を用いない
一部の例外を除き,数字と単位の間に1スペースを入れる
3つ以上の名前を並べる場合,and や or の前にもカンマ(,)を入れる
完結文でなければ,最後にピリオド(.)を付けない
米国式のスペルと英国式のスペルを混在させない

参考図書

付録

索引