たのしい食卓

少し立ち読み

ISBN:978-4-485-61100-5
著:大西一也/こうち恵見
判型:A5
頁:184
発行日:2012/11
感知器の本

専門書を読み解くための体系的で確実な基礎知識を、わかりやすく解説した入門書シリーズ

¥1,296
基礎工学

土木・建築構造物の基礎の種類と機能について説明

¥2,592
中山道 ふるさとの街並みと建築

「景観計画」策定のための資料をまとめたものです

¥4,104
建築環境工学テキスト

工業高校、高専、短大、大学、大学院の学生が建築環境工学を学ぶためのテキスト

¥2,916
建築環境工学テキスト

工業高校、高専、短大、大学、大学院の学生が建築環境工学を学ぶためのテキスト

¥2,916

たのしい食卓

その他のカテゴリー建築工学一般

定価:¥2,376(本体 ¥2,200)

カゴに入れる
この商品の案内

私たちの「食」は決して豊かとは言えない状況になっています。「食」を単に「食べること」ではなく、人間の文化としてとらえ直して、豊かな「食」とはどのようなものか一緒に考えましょう。
人が生きる為に必要な衣食住の「食」は、「食べること(食事)」です。生き物は本能的に「生きるため」に「食べること」という行為をしていますが、人はその「食べること」に、「機能性」と「美味しさ」「楽しさ」をプラスしてきました。まず、食物を多く摂取するために料理をはじめました、料理をすると食物は食べやすく美味しくなります、さらに美味しく食べるために、心地よい空間を作る工夫をしました。その工夫には料理を盛りつける器やテーブルコーディネートもあります。
人はもともと手づかみで食事をしていましたが、食事をするためのさまざまな道具を作り出しました。機能的に美味しく食事をするには、ナイフで切ったほうが食べやすく、フォークで刺したほうが熱さも伝わってこないし、スプーンですくったほうがしっかり飲めます。器は、美味しく快適に食べることに必要な機能を持った工夫された道具です。このように人間は、さまざまな新しい発想によって快適に食事をするための方法と空間を作り出してきました。
人が作り出した工夫には、デザインというものもあります。人は個々の生活の中に、好みのデザインを取り入れることができます。それは生活を楽しみ豊かにする一つの方法です。そのデザインされたものを工夫し、組み合わせ、独自の空間を作り出すことで、さらに生活を快適に楽しむことができます。
食卓という小さな空間もその組み合わせによって色々と楽しむことができます。それがテーブルコーディネートというものです。
では。実際に「食べることを楽しむ」にはどうしたらいいのでしょうか。それには食器というものを知り、理解し、好きになり、楽しみながら工夫ができる「余裕と自由な発想」が必要になってきます。

この商品の目次

はじめに

食空間をつくる
くうかん
しあげ
せつび
まど
かぐ
あかり

食卓を楽しむ
テーブルウェア(食器)の基本
器の歴史
陶磁器のできるまで
テーブルコーディネートを知ろう
テーブルを素敵に飾ろう
テーブルコーディネートで素敵な食卓

あとがき

参考文献

索引