電磁気学の基礎マスター

少し立ち読み

ISBN:978-4-485-61002-2
著:粉川昌巳
監修:堀桂太郎
判型:A5
頁:228
発行日:2006/09
やさしい電気の手ほどき

使いながら自然とわいて来るいろいろな疑問にやさしく応えます

¥2,592
電気回路AtoZ

前半は公式だけでなく実際の装置や電気計測の実例から学習でき、後半は数学的なアプローチで電気現象を学習できます

¥2,700
知りたかった電気のおはなし

電気が初めての方からベテランの方まで、今までの不思議や疑問が簡潔にかつイラストで理解

¥1,728
基礎電気回路ノートⅠ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
基礎電気回路ノートⅡ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
基礎電気回路ノートⅢ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188

基礎マスターシリーズ

電磁気学の基礎マスター

その他のカテゴリー理論・回路

定価:¥2,592(本体 ¥2,400)

カゴに入れる
  • kobo版で買う
  • Kindle版で買う
この商品の案内

電気現象の基礎・基本となる電磁気学は、電気・電子・通信工学を学ぶ方が、必ず習得しなければならない重要な科目です。
本書では、興味を持って学習の第一歩を踏み出せるよう、ベクトルによる表記をできるだけ避け、ひととおり電磁気学を理解した後に、さらに理解を深められるよう、各事象のベクトル表記について解説しています。

この商品の目次

第1章 磁石による磁界
磁石と磁力線
磁化と磁性体
磁気に関するクーロンの法則
磁界の強さと磁位
磁束と磁束密度
磁化の強さと透磁率
磁気双極子モーメント
章末問題

第2章 電流による磁界
磁界の方向
ビオ・サバールの法則
アンペアの周回積分の法則
コイルの磁界
章末問題

第3章 磁気回路
磁気回路のオームの法則
磁気回路のキルヒホッフの法則
環状鉄心の磁気回路
エアギャップのある磁気回路
磁化曲線
章末問題

第4章 電磁力
電磁力の作用と方向
方形コイルに働く力
磁界中の導体の運動
章末問題

第5章 電磁誘導
電磁誘導の法則
誘導起電力
自己インダクタンス
相互インダクタンス
インダクタンスの接続
電磁エネルギー
章末問題

第6章 静電気
静電現象
静電気に関するクーロンの法則
電界の強さ
電界と電荷の関係
電位
電束と電束密度
分極と誘電率
章末問題

第7章 静電容量とコンデンサ
静電容量
コンデンサ
コンデンサの直並列接続
コンデンサの充放電
静電エネルギー
章末問題

第8章 電磁気学のベクトル表記
ベクトル
ベクトルの内積・外積
grad,div,rot
電磁気学の基礎式
SI単位系
章末問題

付録
三角関数
二項定理
微積分表
ヘルムホルツコイル内の磁界が一定の理由
磁気双極子モーメントの磁位から磁界の強さを求める

章末問題の解答

参考文献

索引