よくわかる送配電工学

ISBN:978-4-485-30215-6
著:田辺茂
判型:A5
頁:244
発行日:2011/01
TLT-5 架線工事施工技術解説書

送電線架線工事に携わる人達の教科書的存在として新人からベテランまに至まで広く活用

¥7,236
TLS-1 架空送電線路調査測量技術解説書

対象者を電力・工事会社・測量会社の特に若手技術者におき、技術継承に力点を置いた記述内容

¥4,320
電力ケーブル技術ハンドブック

ケーブル本体から布設、運転と保全、故障対策など実用技術を網羅し解説

¥14,040
電力系統技術計算の基礎

系統技術計算の基礎事項を、電気工学の初歩からやさしく、詳しく解説

¥7,020
電力系統技術計算の応用

実際に行われている電力系統技術計算の進め方について詳細に解説

¥7,020
電力システム

電力システムの基本的な特性とこれまでの成長過程を、出来るだけ専門的な予備知識なしに理解できるように解説

¥2,376

よくわかる送配電工学

その他のカテゴリー発変電・送配電

定価:¥3,024(本体 ¥2,800)

カゴに入れる
この商品の案内

本書は、大学や高等専門学校の学生の皆さん向けに、週2時間の講義用教科書として執筆したものです。
基本的に原理をわかりやすく記述することに重点をおいたため、新しい図をたくさん描きました。また講義時間の関係から触れることができないと思われる事柄は思い切って割愛しており、一部は章末問題で補足説明を加えている場合もあります。
もう一つの特長は、章の始めに「この章で使う基礎事項」と題して、その章の理解に必要となる、数学、電気回路、電気磁気学、電気機器の復習を記述していることです。

この商品の目次

第1章 送電系統
交流送電方式と直流送電方式
三相交流方式
電力系統構成
送電系統の送電電圧
章末問題1

第2章 架空送電線路の構成
架空送電線路の概要
鉄塔
電線(電力線)
がいしと付属装置
架空地線(GW)
電線付属品
章末問題2

第3章 地中送電線路
地中送電の特徴
電力ケーブル
ケーブル付属品
章末問題3

第4章 送電線路定数
この章で使う基礎事項
導体の抵抗R
表皮効果
抵抗の温度係数
導体のインダクタンス
導体の静電容量
ベクトルオペレータによる三相回路の取り扱い
架空送電線路の定数
地中送電線路の定数
章末問題4

第5章 送電線路の等価回路と送電特性
この章で使う基礎事項
2次の常微分方程式と双曲線関数
行列の掛け算
進みと遅れ
復習の復習
円の方程式
パーユニット法の公式
送電線路の等価回路
電力方程式と電力円線図
調相
単位法と三相短絡計算
章末問題5

第6章 電力系統の安定度
この章で使う基礎事項
発電機系の構成
機械エネルギーの表現
同期発電機
同期機の運動方程式
定態安定度
過渡安定度
発電機の表現法
安定度向上対策
章末問題6

第7章 送電系統の電圧と無効電力
この章で使う基礎事項
負荷の電圧特性
誘導電動機
電圧制御の必要性
電力系統の電圧・無効電力特性
電圧不安定現象
章末問題7

第8章 故障計算と接地方式
この章で使う基礎事項
対称三相交流
鳳・テブナンの定理
対称座標法
対称分インピーダンス
対称分回路への変換
地絡・短絡故障計算
断線故障計算
一線地絡時の健全相電圧
章末問題8

第9章 過電圧と絶縁協調
この章で使う基礎事項
サージ電圧とインパルス電圧
雷インパルス波形と開閉インパルス波形
突極機
同期発電機における増磁作用
フランクリンの実験
過電圧の種類
雷サージ
開閉サージ
高調波過電圧
商用周波過電圧
過電圧抑制装置
絶縁協調
章末問題9

第10章 電力系統の保護
電力系統保護の概要
保護継電器とその特性
保護対象と信号検出
保護継電方式
安定化保護
章末問題10

第11章 電力系統による障害
電磁誘導障害
静電誘導障害
コロナ障害
送電線電磁界の人体への影響
章末問題11

第12章 直流送電
この章で使う基礎事項
サイリスタとIGBT
サイリスタ三相ブリッジ回路
直流電流の向きと直流電力の向き
直流送電の特徴
直流送電の構成と送電方式
直流送電の適用分野
直流送電の基本特性と制御
自励式直流送電
章末問題12

第13章 配電系統
この章で使う基礎事項
単巻変圧器
各種電力
漏 電
配電系統の構成
配電系統の施設
低圧配電方式
配電系統の保護
配電系統の電気特性
屋内配線
章末問題13

章末問題解答

参考文献

索引