確率統計学AtoZ

ISBN:978-4-485-30063-3
著:小林潔司/織田澤利守
判型:A5
頁:284
発行日:2012/10
ドリルと演習シリーズ 基礎数学

微分積分や線形代数、さらに応用数学を学ぶための基礎となるもので、特にしっかりと身につけてほしい内容を集めました

¥1,234
物理から考える微分積分入門

物理のいくつかのトピックスを例に、微分積分がどのように応用されているか極めて初歩の初歩という立場で解説

¥2,592
ドリルと演習シリーズ 微分積分

「基礎数学」を学んだ方が微分積分を学ぶためのドリル

¥1,440
ドリルと演習シリーズ 線形代数

「基礎数学」を学んだ方が線形代数を学ぶためのドリル

¥1,440
理工学の基礎数学

理工学に必要な基礎となる数学全体をこの1冊の本で一通り見渡すことができる内容

¥3,240
ドリルと演習シリーズ 応用数学

「微分方程式」「ベクトル解析」「ラプラス変換」「フーリエ解析」「複素解析」の5つの分野を扱いました

¥1,620

確率統計学AtoZ

その他のカテゴリー数学

定価:¥3,024(本体 ¥2,800)

カゴに入れる
この商品の案内

本書は、確率論、統計学を学ぼうとする、大学・高等専門学校の学生を対象とする入門書です。
序章は確率統計の導入部分で中学高校で習ったおさらいを、1編 確率ではベイズの定理、相関関係、離散確率分布を、2編 統計では、基礎部分の標本分布、回帰分析から、発展部分の最尤推定法、マルコフ課程までを掲載しています。
特に確率は、高校数学までで学んだある特定の現象が起こる確率の計算ではなく、その数値の持つ性質について学んでいきます。

この商品の目次

序章 知っておきたい基礎知識
集合
順列・組合せと二項定理
度数分布

第1章 確率
確率とは
確率の与え方
確率の表現と性質
ベイス(Bayes)の定理

第2章 確率分布と期待値
確率変数と確率分布
期待値
確率変数が複数ある場合
相関関係

第3章 主な確率分布
離散確率分布
連続確率分布

第4章 時と共に変化する確率変数
確率過程
マルコフ過程
ポアソン過程

第5章 統計学の基本的な考え方と準備
統計的現象と確率分布
母集団と標本
標本統計量
標本分布
中心極限定理
代表的な標本分布

第6章 推定
推定とは
母平均の区間推定
比率の区間推定
母分散の区間推定
点推定

第7章 検定
検定とは
1つの母集団に関する検定
2つの母集団に関する検定
適合度と独立性の検定

第8章 最小2乗法による回帰分析
回帰分析
重回帰分析
回帰関係の統計的推論

第9章 最尤推定法
最尤推定法
線形回帰モデルの最尤推定
ロジットモデルの最尤推定

章末問題の解答

索引