よくわかる機械工学4力学の演習

ISBN:978-4-485-30059-6
著:石井徳章/辻野良二/高岡大造/森幸治/中田亮生/脇裕之/添田晴生/植田芳昭
編著:西原一嘉/井口學
判型:B5
頁:356
発行日:2011/11
ドリルと演習シリーズ 水力学

力学法則を応用し、流体力学や流体機械への橋渡しができるようになっています

¥1,944
演習 工業熱力学

各小項目の節においてはまず例題を示し、それを通じて基本的な説明しています

¥2,592
統計処理による品質管理と信頼性の基礎

生産工学に携わる技術者およびこれから携わる工学部の学生、これらに関心のある方々に統計処理と生産工学の基礎的な事柄を提供

¥3,024
演習 材料力学

豊富な例題と解説で自然に解法パターンが覚えられ、「公式」を正しく理解できる

¥2,592
演習 流体工学

流体工学に関する演習問題を多く解きながら理解していく

¥2,592
機械材料学入門

金属材料やセラミックス、プラスチックス、複合材料、新素材の性質・用途を取り上げ、その材料特有の機能がなぜ現れるのか、成り立ちはどのようになっているのかを自然に覚えられるように工夫した入門書

¥3,456

よくわかる機械工学4力学の演習

熱力学・流体力学・材料力学・機械力学

その他のカテゴリー機械工学一般

定価:¥4,752(本体 ¥4,400)

カゴに入れる
この商品の案内

現代社会では種々の分野における学問は高度化・細分化しており、機械工学の分野においても同様で、この高度化、細分化した学問の理解には基礎的学問の知識が不可欠です。
高専・短大・大学の多くの機械系の学科では、熱力学・流体力学・材料力学・機械力学(本書ではこれらを総じて四力と呼ぶ)は必須科目あるいはそれに準じる重要科目として位置づけられます。
本書は基礎数学に立脚し体系的な観点から、四力の基礎から応用までの幅広い内容を一冊にまとめた参考書・問題集となっています。

この商品の目次

数学
第1章 四則演算(分数,小数,べき乗,無理数)
第2章 図形の基礎(面積,体積,平行線と比例,円の性質など)
第3章 3 平方の定理(ピタゴラスの定理)
第4章 関数のグラフ(1 次関数,2 次関数)
第5章 指数関数,対数関数(基礎,グラフ)
第6章 三角関数
第7章 複素数,オイラーの式
第8章 微分法
第9章 積分法

単位系について

熱力学
第1章 基礎的事項
第2章 熱力学の第1法則
 閉じた系のエネルギー式
 開いた系(流動系)のエネルギー式
第3章 理想気体
第4章 熱力学の第2法則
 熱機関と冷凍機・ヒートポンプ
 カルノーサイクルと逆カルノーサイクル
 エントロピー
第5章 ガスサイクル
 オットーサイクル
 ディーゼルサイクル
 サバテサイクル
 ブレイトンサイクル
第6章 蒸気の性質
 蒸気の基礎的性質
 蒸気の状態変化と熱力学的状態量
 湿り空気
第7 章蒸気サイクル
 ランキンサイクル

流体力学
第1章 流体の基本的性質
 密度,比重,粘度,表面張力
第2章 静止流体の力学
 圧力(深さと圧力,圧力計測,パスカルの原理)
 静止流体中の壁面にはたらく力
 浮力
第3章 エネルギーの保存と運動量の法則
 連続の式
 ベルヌーイの定理
 運動量の法則
第4章 管路内の流れ
 流れの状態と速度分布(層流,乱流)
 圧力損失(諸損失,総損失)
第5章 完全流体の力学
 オイラーの運動方程式
 流線と流れの関数
 速度ポテンシャル
第6章 次元解析と相似則
 次元解析
 ナビエ・ストークスの運動方程式と流れの相似則

材料力学
第1章 垂直応力,ひずみ
第2章 引張,圧縮の少し複雑な問題
第3章 熱応力
第4章 せん断
第5章 丸棒のねじり
 静定問題
 不静定問題
第6章 はりの曲げ応力
 断面2次モーメントと断面係数
 曲げモーメントと曲げ応力
第7章 はりのたわみ
 静定なはりのたわみ
 不静定はりのたわみ
第8章 長柱の座屈
第9章 組合せ応力
 モールの応力円
 組合せ応力の具体例

機械力学
第1章 力学の基礎
第2章 質点にはたらく力のつり合い
第3章 力のモーメント
第4章 剛体のつり合い
第5章 等速円運動,単振動
第6章 慣性モーメント
第7章 非減衰振動
第8章 減衰振動
第9章 強制振動
第10章 振動の危険速度
第11章 振動の防止(防振)

発展問題 解答・解説
数学
熱力学
流体力学
材料力学
機械力学

著者紹介