よくわかる電子回路の基礎

少し立ち読み

ISBN:978-4-485-30054-1
著:堀桂太郎
判型:A5
頁:349
発行日:2009/10
電子回路の基礎マスター

基本的な半導体の原理やトランジスタなどの素子の働きなど電子回路の基本を幅広く、わかりやすく解説

¥2,592
無線通信の本

専門書を読み解くための体系的で確実な基礎知識を、わかりやすく解説した入門書シリーズ

¥1,296
よくわかるディジタル回路

コンピュータの基本回路であるディジタル回路の基礎を理解する

¥3,024
やさしいデータ通信入門

データ通信について難しい式などは一切使用せずにできるだけやさしく丁寧に説明

¥2,592
ネットワークと情報通信工学

ネットワークや情報通信工学を初めて学ぶ人にとってわかりやすい教科書

¥3,024
電子工作の基礎マスター

電気・電子技術の基礎・基本が楽しみながら身に付く!

¥2,592

よくわかる電子回路の基礎

その他のカテゴリー電子・情報・通信

定価:¥3,024(本体 ¥2,800)

カゴに入れる
  • kobo版で買う
  • Kindle版で買う
この商品の案内

本書は、まず電子回路学習のための導入となる事柄を解説しています。
各章のはじめに、その章で使用する数学などの基礎項目を説明し、その後簡潔でわかりやすい文章を用いて、初心者であっても読み進んでいけば理解できるように記述しています。
また、部品や回路のイメージをつかめるよう写真や図版を多数使用、さらに例題や演習問題、章末問題を配置し、すべての問題についてできるだけ詳しい解答例を掲載しています。
各章末に、興味を持って読める役立つ内容のコラムを配置しています。

この商品の目次

第1章 電気の基礎
この章で使う基礎事項
 基礎1 指数の計算
 基礎2 対数の計算
 基礎3 複素数の計算
 基礎4 複素数の大きさ
直流と交流
受動素子
オームの法則
キルヒホッフの法則
テナブンの定理
ノートンの定理
電気回路と電子回路
[コラム]☆コンデンサは直流を流さない?
章末問題

第2章 電子デバイス
この章で使う基礎事項
 基礎1 原子の構造
 基礎2 原子の結合
 基礎3 物質の抵抗率
 基礎4 基礎用語
半導体
ダイオード
トランジスタ
FET
IC
[コラム]☆電子回路シミュレータPSpice
章末問題

第3章 トランジスタ増幅回路
この章で使う基礎事項
 基礎1 増幅とは
 基礎2 増幅度と利得
 基礎3 定電流源
トランジスタ増幅回路の基礎
トランジスタのバイアス回路
トランジスタの等価回路
エミッタ接地増幅回路
トランジスタ負帰還増幅回路
[コラム]☆ダイオードでトランジスタを作る?
章末問題

第4章 FET増幅回路
この章で使う基礎事項
 基礎1 FETの特徴
 基礎2 FETの3定数
 基礎3 FETの等価回路
FETのバイアス回路
FETの等価回路
FETの負帰還増幅回路
[コラム]☆真空管
章末問題

第5章 各種の増幅回路
この章で使う基礎事項
 基礎1 トランスの巻数比
 基礎2 共振回路
 基礎3 交流ブリッジ回路の平衡条件
増幅回路の結合
差動増幅回路
電圧ホロワ回路
トランジスタの複数接続回路
電力増幅回路
高周波数増幅回路
[コラム]☆ラジオ受信機の構成
章末問題

第6章 オペアンプ回路
この章で使う基礎事項
 基礎1 差動増幅回路の特徴
 基礎2 負帰還増幅回路
 基礎3 低域遮断周波数など
オペアンプ基本増幅回路
オペアンプ応用回路
[コラム]☆ダイオードを用いた電圧降下法
章末問題

第7章 発振回路
この章で使う基礎事項
 基礎1 RC直列回路における入出力電圧の位相
 基礎2 クラメールの公式を用いた連立方程式の解法
 基礎3 可変容量ダイオード
RC発振回路
LC発振回路
周波数可変式発振回路
[コラム]☆RC移相発振回路の製作
章末問題

第8章 変調と復調
この章で使う基礎事項
 基礎1 交流信号
 基礎2 三角関数の公式
 基礎3 三角関数の積
 基礎4 積分回路
 基礎5 第1種ベッセル関数
変調方式
復調方式
[コラム]☆モールス信号
章末問題

第9章 電源回路
この章で使う基礎事項
 基礎1 電源回路の諸特性
 基礎2 部分分数への変換(係数比較法)
電源回路の基礎
安定化回路
[コラム]☆D級増幅回路
章末問題

演習問題解答

章末問題解答

付録

参考文献