電気磁気学

ISBN:978-4-485-30012-1
著:伊藤國雄/植月唯夫
判型:B5
頁:191
発行日:2006/04
やさしい電気の手ほどき

使いながら自然とわいて来るいろいろな疑問にやさしく応えます

¥2,592
知りたかった電気のおはなし

電気が初めての方からベテランの方まで、今までの不思議や疑問が簡潔にかつイラストで理解

¥1,728
基礎電気回路ノートⅠ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
基礎電気回路ノートⅡ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
基礎電気回路ノートⅢ

ノートⅠ、ノートⅡ、ノートⅢの三冊構成になっており、電気回路の基本的で重要な理論を取り上げています

¥1,188
電気回路AtoZ

前半は公式だけでなく実際の装置や電気計測の実例から学習でき、後半は数学的なアプローチで電気現象を学習できます

¥2,700

これからスタート!

電気磁気学

ー要点と演習ー

その他のカテゴリー理論・回路

定価:¥3,132(本体 ¥2,900)

カゴに入れる
この商品の案内

本書は、電気磁気学の基礎を学ぼうとする人のために書かれたものです。
まず基本的かつ重要なポイントを「要点」として分かりやすくまとめ、その「要点」ごとに「演習」の問題を付けてあります。この「演習」は「要点」の理解度を確かめると同時に、その問題を解くことにより応用力が付くように配慮してあります。
次に各「演習」には詳しい「解答」が直後につけてあり、すぐに自分の解いた答えと照合することができます。さらに各「要点」、「演習」、「解答」において、特に重要なポイントや公式は赤で示されており、理解度を高められるようにしてあります。

この商品の目次

はじめに

第1章 電気
電荷
ベクトル
電界
仕事と電位(電位差)
電気力線
平等電界
ガウスの定理
導体
静電容量
静電容量に蓄えられるエネルギーとそこに働く力
電気影像法
電気双極子
誘電体
電束,電束密度
2種類の誘電体内の境界面におけるDとE
拡張されたガウスの定理
誘導体が存在する場合の静電容量
誘電体中に電荷に働く力
誘電体内に蓄えられるエネルギーとそこに働く力

第2章 磁気
磁界とアンペアの右ネジの法則
磁界と磁束密度
ビオ・サバール(Biot-Savart)の法則(1)
ビオ・サバール(Biot-Savart)の法則(2)
ビオ・サバール(Biot-Savart)の法則(3)
ビオ・サバール(Biot-Savart)の法則(4)
アンペアの周回積分の法則(1)
アンペアの周回積分の法則(2)
電磁力(1)
電磁力(2)
電磁力(3)
電磁力(4)
電磁力(5)
電磁力(6)
電磁誘導(1)
電磁誘導(2)
電磁誘導(3)
電磁誘導(4)
電磁誘導(5)
インダクタンス(1)
インダクタンス(2)
インダクタンス(3)
インダクタンス(4)
インダクタンス(5)
インダクタンス(6)
インダクタンス(7)
インダクタンス(8)
インダクタンス(9)
インダクタンス(10)
インダクタンス(11)
インダクタンス(12)
磁界に蓄えられるエネルギー(電磁エネルギー)(1)
磁界に蓄えられるエネルギー(電磁エネルギー)(2)
磁界に蓄えられるエネルギー(電磁エネルギー)(3)
磁性体(1)
磁性体(2)
強磁性体の磁化(1)
強磁性体の磁化(2)
強磁性体の磁化エネルギー(1)
強磁性体の磁化エネルギー(2)
磁気回路(1)
磁気回路(2)
磁気回路(3)
磁気回路(4)
磁束についてのガウスの定理と応用
棒状磁性体(1)
棒状磁性体(2)
永久磁石(1)
永久磁石(2)
永久磁石(3)

第3章 発展問題