環境読本

ISBN:978-4-485-22016-0
著:竺文彦/高島正信/長谷川昌弘/福岡雅子/山本芳華
編著:石川宗孝
判型:B5
頁:204
発行日:2011/01
環境システム

環境を人および人の生活する社会との関連のもとでシステムとして捉え、社会と環境の基礎づくりをシステム面から実現させていくことに重点を置いた内容

¥3,240
未来へのシナリオ ストック型社会

「ストック型社会論」の概論を記述

¥2,376
暮らしと地球環境学

地球環境問題から地域の環境問題まで、暮らしと結びつけてその実態を知ってもらう

¥2,808
環境学原論

環境問題の解決に対して、モノからコトへのパラダイムシフトの観点より“価値”を基軸に「いのち」、「経済」そして「環境」を絡ませた視点を提供

¥4,320
暮らしと自然災害

「地震・火山・台風・洪水・大火・渇水・停電」といった多種多様な災害を取り上げて、その内容やメカニズム、対策などについて学ぶもの

¥2,700
ストック型社会

現代社会の本質的な問題を、ECO-ECO(Economy as Ecology)という考え方を通して理解し、どうすれば解決できるかを紹介

¥1,620

環境読本

環境をいかに学び、いかに対処するか

その他のカテゴリー環境科学一般

定価:¥2,700(本体 ¥2,500)

カゴに入れる
この商品の案内

本書は、持続可能な社会を実現するために個人個人は何をなすべきかを念頭において、環境学、環境科学あるいは環境工学の分野でそれぞれ長年にわたって講義している著者らにより講義録を取りまとめたものです。
その内容は、環境問題の成り立ち、地球環境の基本論、地球環境問題の実態、わが国の環境問題と対策、環境と企業の関係および環境とわれわれ個人の社会生活などから構成されています。

この商品の目次

まえがき

第1章 環境問題と社会づくり
環境とは
現在の環境問題
環境問題と私たちの生活
[ちょっとエコばなし]環境を学ぶにはどのような学科を選ぶか?

第2章 基本的環境論
地球と自然環境
大気
水圏
土壌
森林
地球の生態系
章末問題
[ちょっとエコばなし]家庭ごみ焼却施設は「温暖化促進施設」

第3章 地球環境問題の実態と取り組み
地球環境問題の源泉
地球温暖化
オゾン層の破壊
京都議定書
酸性雨
森林破壊
砂漠化
生物多様性の危機と自然環境の保全
章末問題
[ちょっとエコばなし]中国・西安市の大雁塔はなぜ黄土色になったか?

第4章 日本の環境問題の実態と取り組み
公害対策先進国,日本
大気汚染
水質汚濁
土壌汚染
ヒートアイランド現象
騒音,振動,悪臭
廃棄物
都市の環境容量と環境問題
章末問題
[ちょっとエコばなし]酸性雨が土壌に及ぼす影響

第5章 環境問題と具体的対策
日本の公害と対策(1)~大気汚染対策技術~
日本の公害と対策(2)~水質汚染対策技術~
化学物質による環境汚染と対策
車社会における環境汚染と対策
日本の温暖化対策
日本のエネルギー対策
章末問題
[ちょっとエコばなし]有機性廃棄物のメタン発酵

第6章 環境と企業
企業の社会的責任(CSR)の変遷
経済活動における環境保全(1)~公害防止~
経済活動における環境保全(2)~環境マネジメントシステム~
経済活動における環境保全(3)~環境会計~
商品やサービスにおける環境保全(1)~環境配慮商品の開発とグリーン購入~
商品やサービスにおける環境保全(2)~ライフサイクルアセスメント(LCA)~
企業の情報公開~環境報告書~
消費者の立場から
章末問題
[ちょっとエコばなし]環境マネジメントシステムは人生と同じ?

第7章 私たちの生活と環境
家庭に流入するさまざまなもの
家庭で使用するエネルギー
食生活と環境のかかわり
食の安全・安心
ごみの廃棄と3R
住宅と環境問題
環境に配慮する取り組み
章末問題
[ちょっとエコばなし]行事の楽しみと旬の食材の矛盾に思うこと

巻末資料

参考・引用文献およびホームページ

索引