教員・学生のための はじめての教育論文の書き方

ISBN:978-4-485-30429-7
著:石井俊行
判型:A5
頁:183
発行日:2021/09
技術英語

グローバル社会を担う技術者には実践的な技術英語を身につけていることが期待されます

¥1,980
技術英語

2つの章と付録から構成されています

¥2,200
新・みんなの中国語会話

これから中国語を学習しようとする人を対象とした、会話中心の中国語テキスト

¥3,300
映画を哲学する本

哲学とは通常考えられていないように、何か特別なことを考えたり、特別な対象を考察したりするものではありません

¥3,850
心の器 四国遍路

四国遍路は、宗教、宗派にかかわらず、すべての人々、すべての国の人々を受け入れ、あたたかく見守ってくれるいわば白い大きな心の器

¥2,640
くるくるくるりんまなぶくん

毎日の暮らしの中で環境問題をもう一度考え直す本だよ!

¥869

教員・学生のための はじめての教育論文の書き方

研究の着想から論文発表まで

その他のカテゴリーその他

定価:¥1,760(本体 ¥1,600)

カゴに入れる
この商品の案内

研究の着想から論文発表までを著者の学術論文を事例に論文の作成方法をわかりやすく丁寧に解説した1冊。
これから初めて論文を書くという方は必読です。

この商品の目次

まえがき

第1章 「論文」に取り組む前に(Before Embarking on Your Project)
1.1 「論文」の形に残しておくこと
1.2 本書で説明する「論文」の型
1.3 「論文」を書くための技法の習得の必要性
1.4 「論文」を執筆する順序

第2章 「問い」と「方法」(Research Questions and Method)
2.1 「方法」に書くこと
2.2 「問い」と生活科
2.3 自分に相応しい「問い」を見出すには
2.4 「問い」を見出して「研究仮説」を立てるには
2.5 「調査問題」と「意識調査」の重要性
2.6 「研究仮説」に関わる先行研究の洗い出し
2.7 「研究デザイン」の立て方
2.8 「問い」と「研究デザイン」の立て方の例
2.9 「方法」の事例 1
2.10 「方法」の事例 2

第3章 「結果」(Results)
3.1 「結果」に書くこと
3.2 統計学的検定結果から主張を補強する
3.3 Excel での「データシート」の作成
3.4 Excel でのt検定
3.5 正誤者数の差を実証するフィッシャーの直接確率検定
3.6 図や表の作成
3.7 「結果」の事例 1
3.8 「結果」の事例 2

第4章 「考察」(Discussion)
4.1 「考察」に書くこと
4.2 「考察」での 2 種類の書き方
4.3 「考察」における「ストーリー」の重要性
4.4 「文献」の引用で主張を補強する
4.5 「考察」の事例 1
4.6 「考察」の事例 2
4.7 結果と考察を一緒にした「考察」の事例

第5章 「結論(おわりに)」(Conclusion)
5.1 「結論(おわりに)」に書くこと
5.2 「結論(おわりに)」の大まかな流れ
5.3 「結論(おわりに)」の事例 1
5.4 「結論(おわりに)」の事例 2
5.5 「結論(おわりに)」の事例 3

第6章 「はじめに(序論)」(Introduction)
6.1 「はじめに(序論)」に書くこと
6.2 「はじめに(序論)」の重要性
6.3 「はじめに(序論)」での先行研究の整理
6.4 「はじめに(序論)」の大まかな流れ
6.5 本文中での「文献」の表記
6.6 本文中での「文献」の引用
6.7 「はじめに(序論)」の事例 1
6.8 「はじめに(序論)」の事例 2
6.9 「はじめに(序論)」の事例 3

第7章 「目的」(Purpose)
7.1 「目的」に書くこと
7.2 「目的」の事例 1
7.3 「目的」の事例 2
7.4 「目的」の事例 3
7.5 「目的」の事例 4

第8章 「タイトル(題目)」(Title)
8.1 「タイトル」に書くこと
8.2 高等学校での「タイトル」指導
8.3 「タイトル」の一般的な型
8.4 学術論文と口頭発表の「タイトル」の比較
8.5 「タイトル」の型
8.6 直近 6 か年の私が主著者の「論文」の「タイトル」

第9章 「文献」(Bibliography/References)
9.1 「文献リスト」における表記
9.2 「文献」が意味すること
9.3 「文献」から特定の分野の知見が得られる
9.4 「文献リスト」での表記と表記例
9.5 「文献リスト」での表記の統一

第10章 「注」(Notes)
10.1 「注(註)」に書くこと
10.2 「注」が必要な場面
10.3 専門用語を確認しておきたいときの事例
10.4 用語や研究の範囲を限定したいときの事例
10.5 読者の思い違いを回避したいときの事例
10.6 筆者の考えを補足したいときの事例
10.7 内容に関して補足したいときの事例

第11章 「アブストラクト(要約)」(Abstract)
11.1 「アブストラクト」に書くこと
11.2 「アブストラクト(要約)」の大まかな流れ
11.3 「アブストラクト(要約)」の事例 1
11.4 「アブストラクト(要約)」の事例 2
11.5 「アブストラクト(要約)」の事例 3
11.6 「アブストラクト(要約)」の事例 4

第12章 「研究仮説」の見出し方(How to Formulate a Hypothesis)
12.1 既存の「論文」にアイデアを組み込む
12.2 「論文」を分解するとその構成が理解できる
12.3 「論文」の「研究仮説」を見出すヒント

第13章 「論文」作成時に知っておきたいこと(Things You Need to Know)
13.1 「論文」になる研究とは?
13.2 「結果」から「論文」を構想する
13.3 できるだけ早く「論文」を完成させよう
13.4 月刊誌や学術誌にどんどん投稿しよう
13.5 長い修士論文等は分割しよう

「論文にまつわる戸惑う用語」

引用文献

参考文献

あとがき